七五三写真ならココ! 大阪のフォトスタジオランキング

みんなと差がつく七五三写真を撮る! 大阪の写真スタジオを大特集

いつ撮ればいいの?

満年齢や数え年など、七五三をする年齢について解説。七五三写真の前撮りにおすすめの時期なども紹介しています。

七五三の写真を撮る時期は?

暦の上では、七五三は11月15日とされています。七五三が11月15日に行われるようになった理由については諸説ありますが、徳川将軍家の「袴着の儀」が11月15日に行われたことに由来するという説が有力です。
しかし現在では、11月15日に限らず、仕事の都合などで、その前後の土日祝日に行われることが多くなっています。

七五三画像七五三の年齢について、数え年でお祝いするのか、満年齢でお祝いするのかで、迷う人もいるかと思います。
昔は、数え年でお祝いしていましたが、最近では満年齢でお祝いするのが一般的のようです。

とくに3歳の場合は、数え年でお祝いすると2歳になります。この時期の子どもは、自我が強くなって、嫌なものはとことん嫌がり、一時だってじっとしていません。そんな子どもに着物を着せて写真撮影やお参りをするのは、かなり困難ですし、なにより親がたいへんです。

また、年の近い兄弟姉妹がいる場合は、上の子の年齢に合わせて、下の子は数え年で一緒にお祝いをするという方法もありますので、各家庭の事情に合わせて行って構わないと思います。

七五三の年齢については、地域や家庭によっては慣例があるところもあるので、確認しておくと安心です。

七五三写真は前撮りがおすすめ

七五三のお参りは10月中旬から11月が一般的です。お参りと写真撮影を同じ日に行うという人もいるようですが、これは避けたほうが無難です。

お参りと写真撮影を同じ日に行った場合、午前中の早い時間に写真スタジオに行くことになります。

そこで、着付け&ヘアメイクをして写真撮影。これだけでもかなりの時間を要します。その後、神社にてお参り。
お参りの後は、両家の祖父母や親戚を交えて会食の場を設けている人も多いかと思いますが、普段着なれない着物を着て長時間過ごすことはもちろん、慣れない空間での写真撮影や祈祷、普段合わない親戚たちに囲まれることは、大人でも疲れることですから、子どもにとってはかなりのストレスになります。
疲れて機嫌が悪くなったり、寝てしまう子もいるかもしれません。主役の子どもが不機嫌だったり、眠ってしまったのでは、せっかくのお祝いムードも半減してしまいます。

写真は、お参りとは別の日に前撮りしておくのがおすすめ。けれども、9、10月の写真スタジオはたいへん混雑します。また、夏休み後ということで、日焼けをしている子もたくさんいるはずです。日焼けをしてしまうと、着物が似合わないということも多々あるので、七五三写真の前撮りおすすめ時期は、夏前ということになります。

七五三写真は前撮りがおすすめ、といいましたが、3歳の場合には後撮りもおすすめします。先にお話ししたように、子どもにとって、着物やドレス、タキシードなど、普段着なれない服を着て、慣れない空間で写真撮影をすることはかなりの重労働。

また、子どもの体格にもよりますが、小さめの子の場合、スタジオによっては着られる衣装が限られてしまうということもあります。この時期の子どもは数カ月でもぜんぜん違いますから、できるだけ、後に延ばしたほうが、選べる衣装も多くなりますし、写真も落ち着いて撮れるのではないかと思います。