七五三写真ならココ! 大阪のフォトスタジオランキング

みんなと差がつく七五三写真を撮る! 大阪の写真スタジオを大特集

両親は何を着ればいい?

七五三での母親・父親の一般的な服装について解説しています。和装・洋装それぞれの衣装選びのポイントも紹介しています。

父親&母親の七五三での服装は?

両親の服装は、父親はスーツにネクタイ母親は、和装の場合は訪問着や付け下げ、小紋、洋装の場合はスーツやワンピースが一般的です。

七五三の主役は子どもですから、付添いの両親の衣装は控えめなものにします。

父親も着物でという場合は、紬の無地の着物などが無難かと思います。写真スタジオでも父親の着物のレンタルができるところもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。男性の場合、女性と違って、着物を着る機会があまりありませんから、家族みんなで着物というのもいいかもしれませんね。

母親の和装の場合、無地や淡い紋様など、清楚な感じのするものを。間違っても、子どもの着物よりも目立つ柄や色ではいけません。子どもの着物と色がかぶってしまう場合には、子どもには濃い目の色を、母親は淡い色を選ぶと、子どもの着物を引き立たせつつ、統一感を出すことができます

七五三・母親の洋装のポイント

授乳中の赤ちゃんがいたり、遊びたい盛りの弟や妹がいる場合は、スーツやワンピースのほうが動きやすいと思います。

洋装の場合でも、控えめなスーツやワンピースが基本ではありますが、白やパステルカラーなどの明るい色味のものを選ぶといいでしょう。
写真を撮る場合にも、黒やグレーのものより顔色よく映りますし、卒園式や入学式などにも使用できるのでおすすめです。

黒やグレーなどの場合は、胸元にコサージュをつけたり、小物や靴を明るめの色にするなど華やかさを出します。

アクセサリーは、あまり華美にせず、パールのネックレスを二重にするなど、上品にまとめるのがおすすめです。

祖父母の衣装も、両親同様、子どもよりも目立たない、控えめなものをお願いしましょう。おじいちゃんならブレザーやスラックス、おばあちゃんならワンピースやセミフォーマルな着物などがいいのではないでしょうか。