七五三写真ならココ! 大阪のフォトスタジオランキング

みんなと差がつく七五三写真を撮る! 大阪の写真スタジオを大特集

男の子はみんな何着てる?

男の子の七五三の衣装について解説しています。5歳の正式な羽織袴や着物の種類、3歳の男の子のおすすめの衣装についても紹介しています。

七五三・5歳の男の子の場合~着物・スーツ~

5歳の男の子の七五三は「袴儀(はかまぎ)」で、はじめて袴を履くお祝いです。幼年から少年への節目となり、人として心が芽生える頃の、大人の礼儀を模した袴をつける儀式です。

地域によっては、碁盤の上に立たせて吉方に向かい、親族から選ばれた「袴親」が、袴の紐を結んで履かせるという風習もあるようです。

七五三男の子画像5歳の男の子の場合、羽織袴が七五三の正装です。羽二重の五つ紋付の熨斗目(のしめ)模様(腰の部分に文様を織り出したもの)に羽織を合わせます。

羽織の柄は、兜や龍、鷹、虎などをモチーフにしたものが人気です。
袴は、黒・紺・茶の無地か縞柄が一般的ですが、グラデーションの入ったものや紋様が入ったものもたくさんあります。

袴には懐刀を差し、末広(扇子)を持ちます。
羽織の紐と足袋、末広、雪駄の鼻緒は白で統一するのが正式ですが、最近では着物に合わせたものを選ぶ人も多いようです。

洋装の場合はスーツやタキシードなど。スーツのパンツは、この年齢なら、膝丈のものがかわいらしく動きやすいかと思います。膝丈と十分丈がセットになったものもあります。
レンタルもありますが、購入する場合は、卒園式や入学式、結婚式などでも着られるものを選ぶと重宝します

3歳男の子の七五三衣装

地域や家庭によっては、男の子の七五三は5歳だけというところもあるようですが、基本的には男の子も3歳でお祝いをします。

3歳の男の子の場合、羽織袴や、羽二重の熨斗目模様の紋付二枚重ねに兵児帯を結び、被布を羽織るのが和装のスタイルです。お宮参りの時に使用した熨斗目を転用する場合も多いようです。

子どもが和服を嫌がる場合には、洋服でも構いません。スーツでもいいですし、シャツにベスト、膝丈のパンツというちょっとよそ行きのスタイルでも十分だと思います。