七五三写真ならココ! 大阪のフォトスタジオランキング

みんなと差がつく七五三写真を撮る! 大阪の写真スタジオを大特集

7歳の女の子 衣装と髪型は?

振袖を着て本格的な帯を締める、7歳の女の子の七五三。その着物や髪型の基本、最近の傾向について紹介しています。

7歳女の子の着物の基本

七五三の7歳のお祝いは、「帯解き(おびとき)の儀」で、女の子が行います。それまでは、着物に付いていた紐を結び、兵児帯をしていたのを、付け紐を取り、着物のしつけを取って、きちんと帯を結んで着るようになります。

七五三7歳女の子画像7歳の女の子の衣装は、半衿の付いた長襦袢に重ね衿を付けた振袖を着ます。
重ね衿は着物を2枚以上着ているように見せるほか、「慶びが幾重にも重なりますように」という願いも込められています。最近では、フリルやレースの付いたものもあるので、着物のデザインによっては、合わせてみるのもかわいいかもしれません。

大人用寸法の振袖を、肩上げ、腰上げして着用し、本格的な帯を結んで帯締めをします。帯の下には、「しごき」という真のない帯を結びます。

胸元には、「はこせこ」と呼ばれる箱型の紙入れを入れます。はこせこは、もとは武家の女性が使っていたもので、現代では、七五三の衣装の飾りとして使われています。

帯には末広(扇子)を差し、手元にはハンドバッグ、足元はぽっくりか草履というのが一般的です。

7歳だからできる女の子の髪型アレンジ

7歳にもなると、七五三のために髪を伸ばしている子も多く、日本髪を結うこともできます。

3歳の女の子同様、ウィッグや付け毛を使ってアレンジをすることもできますが、ショートやボブの場合、あえてその長さを活かすという方法もあります。
たとえば、とくにヘアアレンジをせず、大きな髪飾りを耳元にひとつつけるだけでもインパクトがありますし、ボブカットなら、前髪をパツンと切り揃えたモダンな髪型も素敵です。

3歳の時とはまた違った、大人っぽい髪型にしてみるのもいいですね。